警告 Cookies are used on this site to provide the best user experience. If you continue, we assume that you agree to receive cookies from this site. OK

ワインツーリズム

「エノツーリズム」という用語は、生産地で行われるすべてのワイン知識活動、文化の場所への訪問、ブドウの栽培、ワイン生産の試飲とマーケティングに役立つ道具の展示会を意味します。セラー内での食品、教育、レクリエーションの取り組みと組み合わせた企業。
1991年12月30日の法律第5条の税規定n。ワイン観光活動の実施に適用されます。 413.法第5条2項で言及されている定額付加価値税制度。 1991年の413は、2006年11月28日の理事会指令2006/112 / ECの条項295以降で言及されている農業生産者にのみ適用されます。
農業、食糧および森林政策の大臣の命令により、文化遺産および観光の大臣との合意により、トレントの州、地域および自治州の間の関係に関する常設会議との合意で採択ボルツァーノのガイドラインとガイドラインは、ワインの観光活動を行うために、特に地元のワイン生産に関連して、最低限の品質要件と基準に関して定義されています。 505.ワインツーリズム活動は、1990年8月7日の法律の第19条に従って、活動開始の認定通知(SCIA)の権限のある地方自治体に提示されると行使されます。 241、地域の規制に準拠して、504項で言及された法令に準拠する要件と標準に基づいて。
統合ワイン法は、
それは、「第4項で言及されている保護コンソーシアムが、官民の団体や組織と協力して、ワインツーリズムの促進活動を支持し促進することができる」ことを認めている(第40条、第11項)。 「ワインロード」(87条)の規律を変更し、農家が伝統的な農業食品と指定された製品をそれらが属する地域の保護された原産地表示(PDO)または保護された地理的表示(PGI)で管理できるようにします(アート.87)
ホーム
連絡先
購入