警告 Cookies are used on this site to provide the best user experience. If you continue, we assume that you agree to receive cookies from this site. OK

ワインのラベルに何を書くか

PDOまたはPGIワインのラベルスキーム

  1. ワインの由来である宗派の名前
  2. コミュニティでの表現(完全版と頭字語DOPの両方で可能)。代替または追加として、イタリアの伝統的な言及DOCを示すことも可能です
  3. ぶどう収穫ヴィンテージ
  4. ワインの商業ブランド。 2002年5月4日より前に登録された既存の商標に挿入されている場合、「Villa」または「Rocca」という用語のいずれかが含まれている場合があります(商標+言及もボトラーの名前または会社名に含まれている場合がありますが、この場合、文字は最小化する必要があります)
  5. 氏名または会社名+瓶詰めを注文した人の市町村および加盟国(サードパーティの瓶詰め)
  6. ICQRFコードの後に略称ITが続くサードパーティのボトラー(実際のボトラー)-瓶詰めの場所が示された場合は、サードパーティのボトラーを示すこともできます。物理的および法的の両方が隣接していない異なる自治体に配置されています:Azienda Agricola Franco Bianchi、イタリアのカザルボルディーノに代わってChieti工場で瓶詰め
  7. ワインのバッチ番号
  8. 容器のわずかな容積
  9. ボリュームによる実際のアルコール強度
  10. 起源の表示
  11. アレルゲン表示

PDOワイン(DocgおよびDoc)のラベルスキームで、最も頻繁に使用される表示の中で必須および一部のオプション

  1. ワインの由来である宗派の名前
  2. DOPという表現を置き換える従来の用語(完全な用語とDOCの頭字語の両方で可能)
  3. より小さい地理的単位(MGA)の名前:この場合、MoA DOCのより広い生産エリア内で認識される「サブエリア」、「Terre di Casauria」、または「Casauria」
  4. ぶどう収穫ヴィンテージ
  5. 関連する生産仕様によって明確に規定されなければならない伝統的な用語
  6. «Vigna»に続いて「toponym」、つまり地理的ではない場所の名前
  7. ボトラーの名前または会社名。 「生産地域で瓶詰め」および「農場によって起点で瓶詰め」という用語を使用できます(ただし、瓶詰めが製造元の農場で行われる場合)。「完全に生産された」という言葉が補足される場合があります。
  8. ボトラーが本社を置く市町村と加盟国
  9. ワインのバッチ番号
  10. 容器のわずかな容積
  11. ボリュームによる実際のアルコール強度
  12. 起源の表示
  13. アレルゲン表示
  14. コンテナ番号、特別な要件なしで表示可能(ただし、それは実証可能である必要があり、その精度は制御機関の要求に応じて証明する必要があります)

PGIワインのラベルスキーム(ex IGT)

  1. 名前
  2. イタリアの地理的単位に付随する用語(頭字語「IGT」の場合もあります)。これは、PGIという表現を置き換えます。
  3. 2つのブドウ品種の名前:この場合、ワインは2つの品種から100%取得されます。アグリアニコは優勢な品種です
  4. ブドウの収穫年(オプション)
  5. EC Reg。NのAnnex Vの規定に従って報告された、PGIを区別するコミュニティシンボル。 1898/2006 EC Reg。Nにより修正628/08(オプション)
  6. ボトラーの名前または会社名。特定の条件下では、「ワイン生産者が瓶詰め」、「原産地で瓶詰め」、「農場で瓶詰め」などの用語を使用することもできますが、この場合、問題のワインは生産者の農場で瓶詰めする必要があります(原則有病率)
  7. ボトラーが本社を置く市町村と加盟国
  8. 起源の表示
  9. ワインが属するロット番号。その表示は、ボトラーの裁量によるものです(この場合、2013年の119日目、つまり2013年4月29日にワインが瓶詰めされたことを示しています)。
  10. 容器のわずかな容積
  11. ボリュームによる実際のアルコール強度
  12. アレルゲン表示

PDOまたはPGIなしのワインのラベルスキーム

  1. 製品カテゴリ(VARIETAL WINEも含む)
  2. ブドウ品種の名前。PDOおよびPGIなしのワインにも使用できます。メルロー、カベルネソーヴィニヨン、カベルネフラン、シラー、シャルドネ、ソーヴィニヨン(およびそれらの同義語)のみがイタリアに許可されている唯一の品種であり、常に少なくとも85%は表示された品種(2つ以上が表示されている場合は100%)に由来し、これは証明可能であること
  3. ブドウの収穫年(オプション)
  4. ボトラーの名前または会社名
  5. ボトラーが本社を置く市町村と加盟国
  6. 容器のわずかな容積
  7. ボリュームによる実際のアルコール強度
  8. 出所の表示(WineまたはVarietal Wineが«d'Italia»という用語と統合されている場合は省略できます)
  9. アレルゲンの表示。これは、亜硫酸塩含有量が10 mg / lを超えるすべてのワインの容器のラベルのいずれかに、または容器に直接表示する必要があります。最小文字数はなく、イタリア語でのみ書くことができますが、ワインを他のEU諸国に送る場合は、言語を確認する必要があります。おそらくまたミルク/卵の派生物
  10. ワインのバッチ番号」。その表示は、ボトラーの裁量によるものです(この場合は、ワインが2012年の79日目(19.03.12)にボトリングされたことを示しています)。

上質なスパークリングワインのラベルスキーム

  1. ワインの由来製品のカテゴリー
  2. ブドウの収穫年(オプション)
  3. 糖度の表示についての記載(必須)。ブリュットという用語は、残留糖分が12 g / l未満であることを示しています
  4. プロデューサー(またはセラー)の名前または会社名。あるいは、生産者(またはプロセッサーまたはスパークリングワインメーカー)は、ICRFコードで示され、販売者の名前が追加されます(123 / CN / ITによって作成され、イタリアのペトロシノのMassimo Mezzapelleによって販売されています)。メーカー名の代わりに売り手のみを示すことができますが、この場合、メーカーの工場の本社を報告する必要があります(Massimo Mezzapelle、イタリア、ペトロシーノ。CantineEuropa工場内)
  5. メーカーが本社を置く市町村と加盟国
  6. ワインのバッチ番号
  7. 容器のわずかな容積
  8. ボリュームによる実際のアルコール強度
  9. 起源の表示
  10. アレルゲン表示
ホーム
購入
アフィリエイトになる
連絡先